メンズコスメ

男も日焼け止めを塗るべき!紫外線リスクからお肌を守ろう。

投稿日:2019年3月13日 更新日:

突然ですが、あなたは日焼け止めによる紫外線対策をしていますか?

女性は普段から対策している方が多いと思いますが、男性は、夏の日差しが強い時期だけ対策している方、「そもそも対策なんかしてないよ」という人も多いと思います。

たかが日焼けと侮っていたら大変なことになるかもしれません。

もし軽く考えていたとしたら、後悔する前にこの記事を読んで欲しいと思います。

紫外線対策をまったくしていないと将来的に「シミ・シワ・お肌の老化」のリスクが高まります。それだけでなく「皮膚がん」のリスクも増加します。

男だからと言って何の対策もせず、真夏の炎天下で紫外線を浴び続けていると、後々になって後悔してしまうかもしれません。

同じ人間なのですから、紫外線リスクは男も女も同じく一緒なのです。

この記事では、日焼け止めを塗らないことによって起こるリスクをご紹介していきます。

合わせてメンズ日焼け止めのおすすめの商品、種類とタイプ、使用後の落とし方、スキンケアなども合わせてお伝えしていきますので、参考にしてくださいね。

パパ
男だからと何の対策もせずに日に当たる時代は終わったのである!
実際、男用の日焼け止めの商品も増えてきているんだよ。

紫外線の種類とリスク

日焼けあと

紫外線(UltraViolet)はUVと略されます。波長の長さによって「UVA」「UVB」「UVC」といった違いがあります。

紫外線(UV)の種類 それぞれの違い
UVA 紫外線の95%を占める。長い波長で直接的ではなく、ゆっくりと蓄積的なダメージを与える。肌のハリや弾力を失わせたり、老化の原因となる。
UVB 紫外線の5%を占める。波長が短く肌に直接的なダメージを与る。炎症で赤くなったり、肌の表皮細胞やDNAにも影響が強い。
UVC 地表まで到達しないので影響なし。

「UVC」は地上まで到達しないので、日焼けすることで紫外線を浴びるという事は「UVA」と「UVB」の影響を受けるという事になります。

  • 肌の奥にまで深く浸透してダメージを与え、老化を引き起こすものが「UVA」
  • 肌に直接的にダメージを与え、日焼けによる炎症を引き起こすものが「UVB」
紫外線は目に見えないから怖いね。
パパ
この二つの紫外線を防いでくれるのが日焼け止めなのだよ。

日焼け止めを塗る効果・注意点

海 たたずむ男

SPFとPAについて

日焼け止めには、紫外線UVAとUVBを防ぐため数値の表記があります。「SPF」と「PA」です。

SPFについて

SPFとはサンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略です。UVBから肌を守ってくれます。

この数値が高いと肌を守る時間が長いが、同時に肌への負担も高くなります。

個人差がありますが、人は紫外線を浴び始めてから20分位で日焼けしてしまうといいます。

SPF50ならば、20分かかるところを50倍遅らせる事が出来るという事です。

パパ
20分×50で1000分!およそ18時間か。これなら一日中大丈夫だね
SPF10だと20分×10で200分なので3時間ちょっととなるね。

SPFの効果と肌リスクのイメージ

SPF 表

PAについて

PAとはプロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)の略となります。UVAから肌を守ります。+の多いほどUVAカットの効果が高いが、肌への負担も大きくなる

PAの効果と肌リスクのイメージ

PA 表

SPFが高いと日焼けするまでの時間が長くなり、PAが高いと直接的にUVAによるダメージを効果的に防ぐことが出来るという事です。

  • スポーツなどで長時間、日に当たるのなら数値が高いもの
  • 買い物などのちょっとしたお出かけなら数値が少ないもの

このようにお肌への影響も考えて、時と場合によって日焼け止めを使い分ける事が大切となります。

パパ
簡単に言えば、どちらも数値が高ければ日焼けの止めの効果が高いが、肌への負担も増えるという認識で間違いない。
日焼けしたくないからって、ただ単に数値が高いものを選んで塗っていてはだめなんですね。

日焼け止めを塗る事で得られる効果

以上の事から、日焼け止めを塗り紫外線を防ぐことで

  • お肌の炎症の防止
  • お肌のシミ・シワ・たるみ・そばかすの防止
  • お肌の老化の防止
  • 皮膚がんのリスクの減少

を防止することが出来ます。

怖いのは、紫外線によるダメージは肌にどんどん蓄積していくという事です。

蓄積しつづけたダメージの結果、シミやシワ、たるみ・そばかすなどが出来てお肌の老化へと繋がってしまうのです。

また、紫外線を浴び続ける事によって「皮膚がん」の発症リスクを高めてしまう事になるといいます。

パパ
年を取ってから後悔しても遅いので、長時間太陽の光を浴びる時は日焼け止めはマストだぞ!
しかも近年、紫外線の量が増えてきている事がわかっているので、紫外線対策が今まで以上に大切になってくるよ。

日焼け止めを塗る事で気を付けたいこと

日焼け止めの使い方・塗り方を間違えると

  • 肌の乾燥を起こしてしまう
  • 肌トラブルにつながる事も

そもそも日焼け止めの成分には、多かれ少なかれ、お肌を乾燥させてしまう成分が含まれているものです。

特に敏感肌の方は、日焼け止めを塗る事によって肌トラブルを起こしてしまう恐れがあります。

こういった事を防ぐためにも、自分に合った日焼け止めの選び方が必要となってきます。

パパ
敏感肌さんにも使える、お肌に優しい日焼け止めもあるので、この後紹介していくよ。

男用と女用の違いとは

男女 違い

日焼け止めには男性向けのものと女性向けのものがあります。日焼け止めを買おうとして、男用と女用の違いで迷ってしまった方もいるかもしれませんね。

それぞれ違いをまとめてみました。

特徴
男性用日焼け止め 落としやすいものが多いウォータープルーフのものが多い

さっぱり系が多い

白くならないものが多い

使いやすさを重視したものが多い

女性用日焼け止め 香り付きのものが多い

化粧成分が入ったものが多い

色付きのものなどもある

化粧品一体型のものもある

クレンジングで落とすタイプもある

男用の商品は使いやすさ重視の商品が多い事があげられます。男性は仕事で汗をかくことが多いので、ウォータープルーフのものや爽快感があるタイプが好まれているからと考えられます。

また、使用後に落としやすいものが多いのも、男性用の日焼け止めの特徴となります。

女性用は化粧をすることが多いので、化粧成分ほか、美容成分も含まれた商品が多いです。化粧品の効果の一つとして日焼け止めが含まれているオールインワンタイプも人気です。

  • 男性用:実用的で使いやすいもの
  • 女性用:化粧成分など多機能なもの

一言で表すとこのような違いがあります。別に男性が女性のものを使用してもいいし、逆でも良いです。成分に納得すればこだわる必要はありません。

男性用の日焼け止めには、石鹸で落とすものが多いですが、女性用の日焼け止めの中には、クレンジングで落とすタイプもあるのでそこだけは注意が必要です。

パパ
購入する際は、商品説明で使用後の落とし方をよく確認してから!
女性は化粧を落とすためにクレンジングをする機会が多いもんね。

日焼け止めはこんなにも種類がある

タイプ 特徴
スプレー 手を汚さず手軽に使用できます。汗で流されやすく持続時間が短めなので、肌の日焼け止めとしては、あまりおすすめ出来ません。主に髪・頭皮に使う用途で使用する。
クリーム 油分を多く含み、保湿力がありお肌の乾燥から守ってくれる効果が期待できます。塗りムラも起こりにくく、汗にも強い。
乳液 低刺激で、敏感肌の人におすすめです。乳液なので肌になじみやすく、伸ばしやすいです。
ローション こちらも低刺激で、敏感肌の人にも使いやすいです。肌にも塗りやすく、いろんな所に使えますが汗や水に落ちやすい。
ジェル 塗った後の肌がサラッとしやすく良く伸び、塗りやすいのが特徴です。
パウダー メイク後の日焼け止めの塗りなおしに最適なのがパウダータイプのものです。主に女性向けの日焼け止めといえます。
飲み薬 最近ではヨーロッパ発祥の飲む日焼け止めが注目されています。体の内側から日焼けによって起こる老化の原因の活性酵素の発生を防ぐとされています。
リップ UVカットのリップクリームです。唇は日焼けの盲点となりやすく対策を忘れがちなところ。唇は皮膚も薄く、紫外線の影響も受けやすいので唇の乾燥にも気を付けて。

でもいろいろな種類がありすぎて、正直何を選んでいいかわからないですよね。

そこで何を選べばいいかわからない方に、シーン別でおすすめなメンズ日焼け止めをご紹介します。

ドラッグストアなどで売っている入手しやすいものに絞って紹介します!

パパ
迷ったらこれ買っておけば間違いないよ!

シーン別・おすすめメンズ日焼け止め7選!

「ニベアメン UVプロテクター」

海やプールに行く際はこれ!絶対に焼きたくない!男の定番の日焼け止め

SPF50+・PA++++ 乳液タイプ

コスパ抜群・男の汗や皮脂にも強くウォータープルーフ処方となっています。強い日差しからお肌をしっかりと守ってくれる。また、テカリやべたつきを抑える皮脂吸着成分配合です。

使用後はクレンジング不要で石鹸などで落とせます。

「UL・OS(ウル・オス)」

普段使いからスポーツ時にも!敏感肌のメンズにはこれがおススメ!

SPF25・PA++ 乳液タイプ

日常使いからスポーツ・レジャーまで幅広く使える乳液タイプの日焼け止めです。

お肌にしっかりなじんで顔、腕、足など全身に使えます。匂いは爽やかなハーバルミント系の香り。

ウルオスの名前の通り「潤い」にこだわって保湿成分が配合されて作られています。乳液タイプだけど白くならない

着色料・合成香料・パラベン無配合でお肌にも優しい。

使用後はクレンジング不要で石鹸などで落とせます。

「NOV/ノブUVシールドEX」

敏感肌でも安心!お肌に優しくウォータープルーフで海やプールに行く際におすすめ!

SPF50+・PA++++ クリームタイプ

アトピー肌にも安心・子供にも使える位の低刺激なのにウォータープルーフで水にも強いクリームです。 のびもよくて、白くなりにくいクリーム。

ヒアルロン酸配合・ノンケミカル処方でお肌に優しく、敏感肌の人に特に人気があります。使用してもニキビが出来にくいと評判です。

石鹸で落とすことが出来ます。

「ルシード 薬用 UVブロック化粧品」

40歳からのエイジングケア!スキンケアと紫外線対策が一緒に出来るのはこれ!

SPF28・PA++ 乳液タイプ(化粧水)

保湿成分コエンザイムQ10配合!日常使いにスキンケアとしてお肌にハリとツヤを。べたつきを抑えて潤いを保つアクアミルク処方

お出かけ前の朝のケアとして使用することにより、日中の日差しもガードでき、紫外線によるシミなどを防止する。

男性用化粧品と日焼け止めが一体となったミルクタイプ化粧水です。洗顔・ヒゲそり・入浴後などに、肌になじませて使用するのがおすすめです。

使用後は石鹸で落とせます。

サンキラー パーフェクトストロング モイスチャー

冬のウインタースポーツでのおすすめはこれだ!

SPF50+ PA++++  ミルクタイプ

スキーやスノボなどの冬のウインタースポーツでも日焼け止めは必須となります。

なんと、晴れたゲレンデでの紫外線量は、空から降り注ぐ紫外線とゲレンデの雪で照り返して受ける紫外線通常の2倍にもなるのです。

また空気も乾燥しているので、紫外線をガッチリガードしてくれる事に加え、保湿成分がたっぷりの商品を選ぶのがポイントです。

強力な紫外線カットしながら、ヒアルロン酸・コラーゲン・ミネラル含有褐藻エキス配合でお肌の乾燥を防ぎ、潤いを長時間キープしてくれる商品です。

石鹸で落とすのは少し時間が掛かります。市販のクレンジング剤で落とすようにしましょう。

コーセー サンカット 日焼け止め 透明スプレー

頭皮への紫外線対策にはスプレータイプの日焼け止めがおすすめ!

SPF50+・PA++++ スプレータイプ

実は頭も日焼け対策が必要です。考えてみれば当然なのですが、肌が紫外線の影響を受けるのならば、頭も同じように紫外線を浴びています。

それどころか頭が一番太陽に近いので、実はダメージを受けやすいのは髪・頭皮なのです。

頭皮の日焼けは抜け毛や薄毛の原因となり、対策をせずにいるとかゆみや乾燥、炎症などの影響が出る事もあります

そこで、こちらのスプレータイプの日焼け止めで対策を取りましょう。髪の毛だけでなく顔や全身にも使えるので便利です。

石鹸・シャンプーで落とせます。

パパ
大切な髪の毛を守るためには、紫外線対策も必要なのだ。
帽子をかぶるのも直接的に紫外線を防ぐのでおすすめです!

ニベア モイスチャーリップ UV

忘れがちな唇の日焼け止め対策にはこれ!

SPF20・PA++ リップクリーム(スティック)

保湿成分配合で乾燥から守り、唇の荒れ・ひび割れを防ぎます。しっとりするのにサラッとして、べたつかず塗り心地抜群!
乾燥を防いでしっとり感を長続きさせます。

唇は他の皮膚と比べてかなり弱い部分で、紫外線の影響を受けやすいといえます。

特に冬場の乾燥した状況で紫外線を浴びていると赤くなったり、腫れたりする場合もありますので、UVカット効果のあるリップクリームで保湿と合わせて紫外線対策を取りましょう。

日焼け止めを使用した後は

男 スキンケア

洗い残しの無いようにしっかりと洗い流そう

日焼け止めの落とし方には商品により、以下のような方法があります。

  • お湯だけで落とすタイプ
  • 洗顔料・石鹸で落とすタイプ
  • 一般のクレンジングで落とすタイプ
  • 専用のクレンジングで落とすタイプ

日焼け止めは長時間紫外線からお肌を守ってくれるもの。逆に言えばそれだけ落としにくくもあります。

でも、よく勘違いしそうなのですがSPFやPAが高いほど落ちにくいという訳ではありません。

商品のパッケージなどを確認して、それぞれの落とし方で洗い残しがないようにしっかり落としましょう。

また、決してお肌に良い成分ばかり入っているわけではないので、帰宅して紫外線の心配がなくなれば、なるべくすぐに落とすのがいいです。

専用のクレンジングの場合は、商品にクレンジングの指定があるので、それを購入して使う事になります。
パパ
メンズ用は洗顔で簡単に落ちるタイプが多いから、大丈夫だけど一応確認な!

もし洗い流しがあると、日焼け止めの成分が毛穴に詰まってしまい「ニキビ」「毛穴の黒ずみ」の原因となったり、日焼け止めの成分でお肌が乾燥し、肌荒れを起こしてしまいます。

水よりお湯を使う方が落ちやすいので、お湯で洗い流すようにしよう!

スキンケアを忘れずに

しっかり日焼け止めを落としたらスキンケアをしよう!

日焼け止めを落とした後はお肌が乾燥した状態です。化粧水でしっかりと保湿してあげましょう

化粧水に迷ったらコレ!

肌研(ハダラボ) 極潤 プレミアム ヒアルロン液

また、日焼け止めをしっかり塗っていても、塗りムラがあったり、思ったより長時間太陽の下にいたなどの理由で、日焼けしてしまったという事もあるかもしれません。

そういった時は、日焼けした所を濡れタオルなどでよく冷やしたうえでしっかり保湿しましょう。

特に敏感肌・乾燥肌の人はしっかり保湿することでお肌のトラブルの予防に繋がりますので、日焼け止めを塗った後のスキンケアは必須です。

まとめ

海で男女

男の日焼け止めと、紫外線を浴びる事のリスクについてご紹介してきました。

特に重要な部分をまとめておきます。

  • 日焼け止めを塗る事で、お肌の様々なリスクを防ぐことが出来る。
  • 紫外線による頭皮ダメージで薄毛・抜け毛の発生にもつながる恐れがある。
  • 日焼け止めを塗る事で起こる肌トラブルもあるので、自分に合ったものを選ぶのが大切。
  • 海で泳ぐ時には水に強いものを使うなど、シーン別での選択が必要。
  • 男用でも女用でも使用目的に合えば、どちらを使おうと問題はないが落とし方だけには注意が必要。
  • 日焼け止めの使用後には洗い残しに気を付けアフターケアが大切。

長年にわたり紫外線のダメージを蓄積していくことは一つも良いことなどありません。日焼け止めを塗る事でお肌の老化を防ぎ、大切な髪の毛を守る事へと繋がります。

男だからと日焼け止めを塗らないで、紫外線を浴び続けている人ときちんと対策している人では小さな積み重ねとなって、将来必ず見た目に現れてきます

日焼け止めを塗る事に抵抗がある方は、日常的に使える化粧品一体型のタイプのものを選んで、スキンケアの一環として始めてみてはいかがでしょうか?

日焼け止めのラインナップもどんどん増えて、選択肢も増えてきているので、その中からきっとあなたに合った日焼け止めが見つかるはずです。

この記事を参考に、これまで紫外線対策をしてこなかった男性が、紫外線対策を行なうようになっていただければ幸いです。

  • この記事を書いた人
サイパパ

サイパパ

アラフォー育メンパパのサイボーグパパことサイパパです。最愛の娘に嫌われないよう(笑)日々、自分磨きを怠らないように頑張っています。以前、製薬会社に勤めていました。その時に薬学検定1級を取得しており、化粧品の知識は豊富です!現在は不動産業界で宅地建物取引士として働いています。

-メンズコスメ

Copyright© サイボーグパパ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.